讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 残念なニュース・4

<<   作成日時 : 2008/06/21 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

つい先日も書きましたが、どうしてこうも訃報が続くのか……
ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の3代目セーラームーンとしても活躍した、女優の神戸みゆきさんが18日未明に急逝されたそうです。享年24歳。
早いッ! 早すぎるぞッ!!


前述のとおり、神戸さんといえば『美少女戦士セーラームーン』が代表作として挙げられますが(ま、デビュー作ですから)、私などは『仮面ライダー響鬼』のヒロイン・立花日菜佳役が印象に残ってるんですけどね。

『仮面ライダー響鬼』――平成ライダーシリーズ6作目にあたるこの話は、人々に害をなす妖怪魔化魍(まかもう)≠ニ戦う鬼≠ニの戦いの系譜であり、作中の重要人物である少年・安達明日夢の成長譚でもある。
鬼≠フ拠点となる店の名前が「たちばな」だったり、明日夢やライバル・桐矢京介の存在などが、どことなく往年の少年仮面ライダー隊%I雰囲気も漂わせてたりと、過去の仮面ライダーシリーズへのオマージュみたいなものはあった。但し、全体を通しての作品の雰囲気、作中ただの一度も仮面ライダー≠ニいう言葉が出てこなかったり、ライダーシリーズの売り≠ナあるバイクアクションが、前半は一切出てこなかったりと、およそ『仮面ライダー』と呼ぶにはかけ離れてしまった、「無理に仮面ライダー≠ニいうカテゴリーに当てはめる必要ないじゃん」「何なら戦隊モノ≠ナもいいじゃん」という意見が、今も後を絶たない異色作ではあった。

――なんていう特撮モノ£k義は、この際うっちゃっといて。
この作中で神戸さんが演じた日菜佳の、ひたすらサポート役に徹する姿とか、鬼≠フ一人である轟鬼クンとの見ててじれったくなるほど、なかなか進展しない恋の行方とか、実に健気で好感の持てる存在だったんですけどね。
……お子ちゃま番組に何を求めてんだ?
まぁ、この他にも『京都地検の女』第3シリーズでの検察事務官見習い・倉木民子役とか、なかなかいい役どころを演じて来られたんですよね。
あと、バラエティ畑でも『ウリナリ芸能人社交ダンス部』に出てたりと、硬軟問わず幅広く活躍されてたよう。
昨年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』でエポニーヌ(コゼットが預けられたテナルディエ家の長女。マリユスに恋心を抱きつつも、コゼットとマリユスの恋が成就するよう奮走し、やがて六月暴動の最中、マリユスを守って凶弾に斃れる)役に選ばれたが、体調不良の為に降板。以後、入退院を繰り返しながら復帰を目指してましたが、18日未明、願い叶わず還らぬ人となってしまいました。
死因は心不全と発表されてますが、要は心臓が止まって亡くなれば、死因はすべて心不全≠ナすからね。
その裏で、どんな病気と戦っていたのか、そこにどんな苦悩が隠されていたのか、発表されない以上は知る由もないですし、知ったからどうという事もないんですけどね。
ただ、演じるはずだったエポニーヌ役、1997年〜2001年まで演じてたのは本田美奈子さん(当時は.(ドット)≠ヘ付いてませんで)で、その本田さんは急逝骨髄性白血病で3年前に急逝。
今回の神戸さんの場合も、体調を崩してからわずか1年余りでの急逝という事で、「もしや同じ病気だったのでは?」と勘繰ってしまう自分がいます。
イヤですねぇ〜。



今はただ、心から御冥福を祈るばかりです。





つーか、ここ最近、あまりに多過ぎじゃありませんか?
こういう訃報に接するのって。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
神戸みゆきちゃんは実写版の神風怪盗ジャンヌに、日下部まろん(怪盗ジャンヌ)役で出るはずでしたが…
各停かしわ台
2008/11/20 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
残念なニュース・4 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる